【雑学】土用の丑の日にうなぎを食べる慣しがあるのはどうして?

 

一年に数回耳にする、「土用の丑の日」というワード。

お店やスーパーで見出しになっていたり、テレビや広告でも目にすることがあるよね。

f:id:espressogohan:20210725010229j:plain

 

でも、「なんでどよう(土用)なんや?」「うしのひ(丑の日)ってどういう意味?」「なんでうなぎを食べるの?」といった疑問の答えは、案外知らなかったり。

 

毎度毎度もやもやするんじゃ〜!というわけで調べてみた。

 


 

まずね、"土用"というのは、季節の変わり目に設定されている。

二十四節気でいう立春立夏立秋立冬の直前の18日間を指すんだ。

そして、"丑の日"というのは昔の暦の読み方、子丑寅...でおなじみ、十二支のうちの丑の日のこと。

この組み合わせで、毎年「土用の丑の日」ができてくる。

だから年によって日付は異なるのね。

 

次に、どうしてうなぎを食べるのか。

そこには直接的な理由があるわけではないのだけれど。

 

有力とされているのは、万葉集に記された、大伴家持のうた。

 

石麻呂に吾れもの申す夏痩せに
よしといふものぞむなぎとり召せ

 

 

石麻呂あてに、"夏に負けないためには、うなぎを食べると良いよ"とうたっているもの。

 

昔も今も変わらず、うなぎはとっても栄養価が高く、スタミナがつくことが知られていたんだ。


 

 

というわけで、今に至るようなのだけれど。

近年では「"う"がつくものならば、うなぎじゃなくてもええで!」という論も出てきているらしく。

これは"う"なぎ、"う"しのひ、にあやかっているというだけのようだけれど、まあ気持ちの問題よねこの辺りは。笑