espresso.gohanのレシピ記録♪

料理が大好きな大学生のちょっとしたブログです^ ^

【レシピ】もちもち!かぼちゃのニョッキ♪パスタ作り

 

もちもちのニョッキ、最高です。

特に出来立ての美味しさは格別..!

 

少し時間はかかるけれど、材料はとてもシンプルだから作ってみてほしい!

 

時間があるときにまとめて作るのがおすすめ。冷凍保存できます◎

(冷凍保存したニョッキの使い方も書いています!)

f:id:espressogohan:20211028045702j:plain

☆材料

 

かぼちゃ 500g(種、ワタ、皮ありの状態)

 

【A】

塩 小さじ2分の1

パルメザンチーズ 大さじ1

卵 1つ

 

薄力粉(生地用) 約100g ※水分量を見て微調整

薄力粉(打ち粉用) 適量

 


☆作り方

(1)かぼちゃを加熱する

f:id:espressogohan:20211028045711j:plain

かぼちゃを丸ごと水洗いする。(※種、ワタ、皮はありの状態でOK)

ラップに包んで、電子レンジで600w10分間。

かぼちゃの種、ワタ、皮を取り除いてボウルにいれる。

スプーンやヘラで軽く潰す。

 

(2)下味をつける

f:id:espressogohan:20211028045709j:plain

ボウルに【A】を加え、スプーンやヘラでさっと混ぜる。

薄力粉を加えてしっかりと混ぜる。

こねるようにして、最後はひとまとめに。

 

(3)成形する

f:id:espressogohan:20211028045706j:plain

バットや大きなお皿を用意し、打ち粉をする。

一口サイズにとりわけて丸めたものを並べていく♪

全て丸めきったら模様をつける。

 

(4)茹でる

f:id:espressogohan:20211028045704j:plainここまできたら、あとは簡単!

鍋にたっぷりの水を入れて火にかけ、沸騰したらニョッキを入れる。

完全に浮いたら、火からおろして湯切りして完成!

 

☆冷凍保存する場合


Type1. (3)の段階でジップロックに入れて冷凍→茹でる

Type2. 茹でて冷ましたものをジップロックに入れて冷凍→茹でる

 

 

~~~~~

まずは、何も付けずに食べてみてほしい..!笑

そのあとは、お好みのパスタソースと絡めて♪

 

【レシピ】電子レンジで!ルウとお米だけで作れる絶品カレーリゾット

 

せっせと作るのが面倒なとき、火の元を離れられないのが困るとき..。

 

そういう時に電子レンジだけで作れる一品は本当に重宝すると思うんだ..!

(いや、なんでもない日にも作るんだけどね)

 

材料も少ないので、ぜひお試しあれ〜!

 

f:id:espressogohan:20211027010941j:plain

 

☆材料

 

生米 1/2合

カレールウ 1かけ

水 2カップ(400cc)

ピザチーズ(シュレッドチーズ) ひとつかみ

 

☆作り方

 

(1)深い耐熱ボウルに、チーズ以外の材料を全部いれる。ルウが頭を出さないように下へ沈めて。

 

(2)ラップなしで!電子レンジ600w15分。

 

(3)とりだして、ピザチーズをぱらぱらいれてよく混ぜる。再度600wで1分。

 

完成!おすすめのトッピングは生卵・粉チーズ・パセリ♪

 

 

☆ワンポイント

・チーズでまろやかになるので、できれば辛めのルウがおすすめ!

・耐熱ボウルはしっかり深さのあるものを使って..

 

【雑学&世界の料理】フレンチドレッシングは3種類もある!違いとレシピを知ろう

 

フレンチドレッシングを手作りしたくて、参考にしたいレシピを探していたときに気づいたこと。“フレンチドレッシング”が3種類もある!問題。

 

見た目も味も、全然違うものを指すから、私としてはちょっとびっくり。

だってレシピやメニューで単に“フレンチドレッシング”と書かれていただけでは区別できないんだから。

 

レシピ通り作ってみたら「え、全然合わないこの味..まず..」

レストランでサラダを頼んでみたら「思ってたドレッシングの味と違う!」とかってなっちゃうわけだよ。

私としては大問題だ。

そして同じ現象になってしまう可能性のある人に知ってほしい。被害を減らしたい。笑

 

というわけで、違いを整理してみた!

大きく分けると、アメリカ版と元祖フランス版がある

 

元祖のフランス版は、フランス国内ではわざわざフレンチドレッシングと呼ぶことはなくて。

ヴィネグレットソース(sauce vinaigrette, vinaigrette)と呼ばれているもの。

これはフランス料理の最も基本的なドレッシング・ソース

作り方はとってもシンプルで、お酢と油を1:3の割合で混ぜて塩コショウを加えたもの。

 

そのまま生野菜にかけることもあれば、これをベースにしてアレンジしたバージョンもある。擦り下ろしたトマトや生姜、セイヨウわさびを加えたり、お酢をレモン汁に変更したり。

ちなみに、ヴィネグレットソースという名前の由来は英語でいうビネガー、フランス語でいうヴィネグル、つまりお酢

 

元祖フランス版は日本では「セパレートフレンチドレッシング」という表記がなされて販売されていることも。

 ↓ こんな感じ!

 

 

 

そして、アメリカ版。フレンチドレッシング(French dressing)と呼ばれていて、別名はカタリーナ・ドレッシング(Catalina dressing)。

 

「赤」と「白」がある。(ワインみたいだね)

「赤」は、ヴィネグレットソースにケチャップを混ぜて作ったもの。

「白」は、ヴィネグレットソースに砂糖を混ぜて作ったもの。

 

(さすがアメリカ、すーぐケチャップ使うやん〜!というのが感想。笑)

 

当然、フランスにはない。

でもね、なんと日本ではキューピーが1950年代から赤・白どちらも販売を始めてた!

 

↓ こちらが「赤」

 

 ↓ こちらが「白」

 

 

いやはや、びっくりだ。

全然違うよね..!

 

↓ 合わせてみてほしい記事

espressogohan.hatenablog.com

 

 

【レシピ】手作りしちゃう!自家製フレンチドレッシング

程よい酸っぱさが癖になるドレッシング。これをベースとして色々アレンジも♪

 

f:id:espressogohan:20211022060538j:plain

☆材料

油 1/2カップ(100cc)

白ワインビネガー 1/4カップ(50cc)

塩・砂糖 小さじ1

ブラックペッパー 少々

 

↓ お気に入りの白ワインビネガー♪

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

白ワインビネガー 500ml 【常温/冷凍不可】
価格:594円(税込、送料別) (2021/10/26時点)

 

f:id:espressogohan:20211026045407j:plain

 

☆作り方

全部混ぜるだけ..!

煮沸した瓶に入れて保存。

 

☆ワンポイント

・乳化させるタイプのドレッシングなので金属のボウルは使わない

・使用する際は毎回しっかりと混ぜる。

 

このドレッシングを使った料理

espressogohan.hatenablog.com

 

【レシピ】焼きそばアレンジ!やみつき台湾焼きそば♪

焼きそばといえば、ソース焼きそば・塩焼きそば。たまには海外の味も良いよね♪

というわけで、オイスターソースとニンニクの香りが決め手の台湾焼きそば〜!

 

はじめて作ってみたんだけど、台湾で人気なだけあって一度食べたらまた作りたくなる美味しさだった!これはヤミツキ系だ..笑

f:id:espressogohan:20211026033409j:plain

 

☆材料(2人分)

ニラ 1/2束

輪切り唐辛子または鷹の爪 1本

豚ロース肉(薄切り) 300g

塩コショウ 少々

焼きそば麺 2人前

油 少々

 

【A】

醤油・オイスターソース 大さじ1と1/2

ごま油 大さじ1

鶏がらスープのもと 小さじ2~

砂糖・すりおろしたニンニク 小さじ1

 

☆作り方

 

(1)具材を用意する

f:id:espressogohan:20211026033413j:plain

ニラはざっくり切る。

鷹の爪は種をくり抜いて輪切りに。

豚ロース肉は食べやすい大きさに切って塩コショウを揉み込む。

 

(2)調味料を合わせる

f:id:espressogohan:20211026033415j:plain

【A】を合わせておく。

 

(3)豚肉を炒める

f:id:espressogohan:20211026033404j:plain

フライパンにうすく油をひいて、豚肉を炒める。

火が通ったら、一度お皿に取り出す。

 

(4)焼きそばにする

f:id:espressogohan:20211026033411j:plain

同じフライパンに焼きそば麺、ニラ、鷹の爪を入れ、さっと炒める。

合わせた【A】と一緒に豚肉をフライパンに戻す。

 

馴染ませて完成!

f:id:espressogohan:20211026033406j:plain

【レシピ】生姜とみょうがと油揚げの炊き込みごはん

土鍋で作る炊き込みごはん。

所要時間は30分足らずの、土鍋がより身近に感じられるレシピ◎

うっすらとできるおこげも絶品。

 

コロナ禍で一人鍋が人気なんだそう。よかったらお試しあれ〜♪

f:id:espressogohan:20211025022134j:plain

 

☆材料(1~2人分)

※ 1人用の土鍋を使っています

 

生米 1合

生姜 1かけ

油揚げ 1枚 ※油抜き不要のもの

みょうが 1本

 

【A】

薄口醤油 小さじ2

顆粒合わせだし 小さじ1/4(1~2g目安)

水 250cc

 

☆作り方

(1)下ごしらえ

f:id:espressogohan:20211025022127j:plain

生姜、みょうが、油揚げを細かく切る。生米を洗う。

 

(2)土鍋にセットする

f:id:espressogohan:20211025021418j:plain

土鍋に生米、具材全て、【A】の調味料全てを入れる。

 

(3)炊く

f:id:espressogohan:20211025021421j:plain

強めの中火にかける。沸騰したらかき混ぜる。蓋をして弱火にし、10分炊く。

 

(4)蒸す

f:id:espressogohan:20211025022130j:plain

火を止めて蓋をしたまま10分置く。余熱で蒸す。

 

完成!

f:id:espressogohan:20211025022132j:plain

 

あれば三葉を散らして...♪

f:id:espressogohan:20211025021423j:plain

 

☆ワンポイント

・沸騰した際にアクが出ていれば、掬って取り除く

火加減には注意。火が強すぎると焦げ付いてしまう。

・薄口醤油がなければ、濃口醤油でも代用できる。その場合塩をひとつまみ足す。

 

※ 薄口醤油は濃口醤油よりも塩分濃度が高く、色味は薄い。おせち料理や懐石料理などの和食で、食材の色味をかき消さないためにと使われることが多い。

関西では主流なのだけど、関東のスーパーではあまり陳列されていなかったんだよね。

↓これです!

 

 

合わせて作ってほしいレシピ↓

espressogohan.hatenablog.com

 

【レシピ】電子レンジだけ!王道ポテトサラダ

ザ・普通のポテトサラダ。

洋食献立の”あと一品”に重宝する、冷蔵庫に常備しておきたいおかず♪

 

唯一のこだわりは、カンタン酢を使うこと!

本来「米酢、砂糖etc...」となるのを簡略化するの。

加えて、まろやかな味わいだからお酢入れすぎた!すっぱ!」問題を防止できる◎

↓これ!(回しものではない。笑)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミツカン カンタン酢(1L)【カンタン酢】
価格:525円(税込、送料別) (2021/10/23時点)

 

 

f:id:espressogohan:20211023031533j:plain

 

☆材料

じゃがいも(大きめのもの) 2つ

きゅうり 2分の1本

ロースハム 1袋(4枚)

 

【A】

マヨネーズ 大さじ4

カンタン酢 大さじ1

塩コショウ 適量

鶏がらスープの素 少々

 

☆作り方

(1)じゃがいもをレンジ加熱する

f:id:espressogohan:20211023031542j:plain

じゃがいもを水洗いして、ラップに包む。電子レンジで500w6分。

 

(2)具材を用意する

f:id:espressogohan:20211023031539j:plain

レンジ待ちの間に!きゅうりは極薄切り、ロースハムはみじん切りに。

 

(3)マッシュする

f:id:espressogohan:20211023031537j:plain

大きなボウルにじゃがいもと【A】を入れてマッシュする。きゅうりとロースハムを加えて混ぜる。

冷蔵庫で冷やして完成!

 

☆ワンポイント

 

じゃがいものレンジ加熱ができたら、その後は手早く!じゃがいもが冷めてからだと、調味料がうまく馴染まない。

・できれば一晩置いてから実食。一晩寝かせると、しっとりとした食感と全体的にまとまりのある味わいに仕上がる。